top of page
  • 執筆者の写真行政書士塚本美穂事務所 塚本美穂

行政書士と不動産業のふたつの業務

更新日:2023年10月9日

 行政書士と不動産業を同時にやるということは、それぞれに法定講習などのアップデートが二つあるということです。それから、住所移転などの変更の許可申請もダブルでしなくてはいけませんし、年会費も経費もダブルでかかります。

 行政書士業務と並行して、不動産の業務をするのは大変です。不動産の仕事は、電話のやり取りが多いこと、現地調査や物件の内見のために外出しますので、落ち着いて書類を作れる日が二週間以上まともに取れなかったことがありました。たくさんやることがあるので、最優先事項を全うする毎日です。

 

 不動産業務と行政書士業務は、繋がっていることが多く、例えば相続による不動産の売却もそうですし、相続人を探して内容証明郵便を送る、農地転用、営業許可あるいは認可申請を伴う飲食店、風俗営業、深酒営業の店舗や診療所の賃貸借契約、法人の事務所、社宅または個人の住居探しもしています。

 

 未経験の実務で失敗したこと、自分には手に負えずに音を上げてしまったこともありますが、この苦い経験から学び成長していくことが大事だと思っています。

 


閲覧数:176回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


IMG_0195.JPG
bottom of page